実験室

icon トップページにもどる
下の写真のように会議室(左)が実験室(右)になります.切り替え時間は数分間です.小規模ですが自由度が高い実験室で的を射た実験を迅速に行い,製品開発に有効な指針を短期間に得ることができます.人間工学設計・人間中心設計に関する問題解決のためには,研究費の多寡,研究所の規模はほとんど関係ありません.
会議室設定 ←
最大9名で打合せができます.55型の液晶
モニターを用いたプレゼンテーションができます
→ 実験室設定
遮光・遮音カーテンで外光,騒音を抑えた環境下で実験ができます
ディスプレイ画質評価環境
ITU-R BT710準拠の評価環境が設定できます
照度:  画面入射照度 0 lx 〜 1,500 lx(調光可)         
照明光の相関色温度:  3,000K〜6,500K(連続調色可)         
評価可能画面サイズ:  最大100型                     
視距離:  55型ディスプレイに対して最大5H、100型に対して最大3H  

受託実験の実施例

タブレットを用いた複数参加者による
効率的なUI評価実験
視覚機能の測定実験,視力,斜位,調節距離など
ヒューマンシステムインタフェースの評価実験
モックアップを作成して人を使った評価を実現
開発された表示デバイスの一対比較
ゲーム用高速PCとカラーマネージメントモニターによる動画像の画質評価
D65照明下での印刷画質の主観評価実験

製品の物理計測の例

分光放射計,標準白色板,標準光源によるサンプルの色度計測

実験装置の開発

実験装置開発のためのワークスペース
部品のインターネット調達や秋葉原での調達により短期間に実験装置を開発します


開発した装置の例:オクルージョンゴーグル(Occlusion goggles)
液晶シャッター開 平行透過率74%
液晶シャッター閉 平行透過率5%
icon 本装置の詳細説明へ
icon トップページにもどる