講演資料 2013〜2014

資料の一部を引用の範囲を越えて利用される場合はご連絡ください.
2015年以降の講演資料へ
2014.10.24 画素密度は果たしてどこまで必要か?
セミナー 「高解像度技術がもたらす可能性」,DCEXPO2014,日本科学未来館
Download ⇒ PDF(689KB)
2014.9.1 大画面4Kディスプレイにおける 表示輝度とViewing Gammaの好適条件
映像情報メディア学会2014年年次大会,大阪大学吹田キャンパス
Download ⇒ PDF(625KB)
2014.6.5 大学生のスマートフォン利用実態調査−使用時間,場所,姿勢,画面の明るさ感−
日本人間工学会第55回大会,神戸コンベンションセンター
Download ⇒ PDF(686KB)
2014.6.5 3Dコンテンツの視差量と視差変化速度の分析
シンポジウム:3Dエルゴノミクスの新たなアプローチ
日本人間工学会第55回大会,神戸コンベンションセンター
Download ⇒ PDF(1.41MB)
2014.3.7 ディスプレイの人間中心設計 −3Dと4Kについて−
フラットパネルディスプレイの人間工学シンポジウム2014
JEITA主催(成蹊大学で開催)
Download ⇒ PDF(1.52MB)
2014.1.29 3Dコンテンツの視差量の分析および3Dテレビの視聴における視覚疲労について
3Dコンソーシアム・映像情報メディア学会 立体映像技術研究会合同シンポジウム
Download ⇒ PDF(1.08MB)
2013.12.18 3Dコンテンツの視差量の分析
高精細・高解像度・3D表示の人間工学シンポジウム(慶応大学日吉校舎)
Download ⇒ PDF(1.05MB)
2013.10.2 薄型テレビの人間中心設計
CEATEC JAPAN 2013 トレンドセッションTR-A01における特別講演(幕張メッセ)
Download ⇒ PDF(1.23MB)
2013.4.30
再掲
今こそFPDにユーザー中心設計を! FDP Industry 2006.7-8 SEMI
【2006年SEMIのFPD Industry掲載記事の再掲】
Download ⇒ PDF(443KB)
2015年以降の講演資料へ